THE FORMER NARA PRISON

THE FORMER NARA PRISON

歴史

時代の変容を象徴する
旧奈良監獄の歩み

旧奈良監獄は監獄施設の近代化を目指して、1908年(明治41年)に誕生しました。日本最古の刑務所として100年以上に渡りその役割を全うした旧奈良監獄は、その歴史的価値から重要文化財として指定を受け、ホテルとして生まれ変わります。日本の近代史とともに歩んできた旧奈良監獄の歴史を振り返ってみましょう。

年表でたどる旧奈良監獄の歩み
黒:国内外の歩み 赤:旧奈良監獄の歩み

1613 現・奈良女子大学の敷地内に奈良奉行(南都町奉行)所が設立
奉行所北側の北魚屋西町と花芝町に牢屋敷ができる
1853 ペリー来航
1854 日米和親条約
鎖国の終了、国際化へ
1858 日米修好通商条約(安政五カ国条約)
領事裁判権の是認、関税自主権の剥奪など、不平等条約とされる
1867 大政奉還 江戸幕府崩壊
山下啓次郎誕生
 
1868 明治政府発足
1869 東京奠都(東京を首都とする)
1870 仮刑律に代わり新律綱領が公布
1871 司法省の発足
奈良奉行所の牢舎の一部を移築、現在では司法記念物に指定
奈良町大字西笹鉾に「奈良監獄署」ができる
1872 監獄則の布達
1875 旧刑法の編纂作業が開始、法の近代化が図られる
1880 奈良鹿公園開園
1881 「奈良監獄署」が「奈良監獄分署」に改称
1882 新律綱領に代わり旧刑法が頒布
1885 太政官制が廃止、内閣制度が発足
1887 初代典獄(所長)として宮地良一氏が就任
1889 大日本帝国憲法発布
1894 日清戦争勃発
領事裁判権回復
1895 日清戦争終結
1896 第一回オリンピック(ギリシャ・アテネ)開催
1900 監獄局を設置
1901 第1期監獄改築計画が議会を通過する
現在地に「奈良監獄」起工
山下啓次郎が監獄署建築工事事務嘱託に任命される
1904 日露戦争勃発
1905 日露戦争終結
1908 旧刑法に代わり現行刑法施行
監獄法を公布
1908 「奈良監獄」が竣工(般若寺町)
1909 「奈良監獄」新庁舎にて業務を開始する
1910 定員650名(当時)の収容人数が一時935人にのぼる
日英博覧会に奈良監獄の模型を出展、監獄の近代化を国内外に示す
1912 明治45/大正元年
「工場棟」「炊場」の増設
1914 第一次世界大戦勃発
1918 第一次世界大戦終結
「工場棟2棟」「習学場」の増設
1922 少年法を公布
1922 「奈良監獄」が「奈良刑務所」に改称
1923 関東大震災
「倉庫」の増設
1926 大正15/昭和元年
1931 山下啓次郎逝去
満州事変
1934 「新入調室(面会室)の増設」
室戸台風による甚大な被害を受け、演武場などが倒壊
1936 二・二六事件
「演武場」の再建
1941 太平洋戦争開戦
1945 太平洋戦争終戦
1946 日本国憲法を公布
1946 「奈良刑務所」が「奈良少年刑務所」と改称
1948 新少年法が公布
1949 犯罪者予防更生法を公布
夜間教育が開始される
社会通信教育が開始される
1951 「ブラスバンドクラブ」の創設。受刑者の自律心と責任感に対する信頼を基礎とする「開放的処遇」の源に
1954 奈良県立奈良高等学校通信制課程(現:奈良県立大和中央高等学校通信課程)開始
「若草理容師養成所」、職業訓練(理容科)開始
1960 「保護者会」の開始、受刑者682名に対して保護者1998名が参加
1964 東京オリンピック
1964 総合職業訓練施設に指定される
1965 台風24号により甚大な被害を受ける
1970 大阪万博
1972 札幌オリンピック
1976 広報映画「更生への道」(少年受刑者の心)が完成する
1977 ファミリーカウンセリング実施要領を定め、施行する
1978 半開放居室の「若竹寮」を整備、社会復帰へのステップアップとして自主性を認める
1989 昭和64/平成元年
1991 第一回「奈良矯正展」の開催、以降定期的に開催されるように
1995 阪神淡路大震災
1996 「奈良少年刑務所保存調査委員会」の開催
敷地内西側への構内の拡大
1997 高等教育卒業生が80名を超える
1998 長野オリンピック
収容人数が増加、最大685名になる
台風7号による被害を受ける
1999 第3実習場綿打ち場全焼
2000 少年法の改定
2002 「奈良少年刑務所保存調査の再開及び保存活用検討会」の発足
2005 愛知万博
2006 刑事施設及び及び受刑者の処遇等に関する法律施行
就労支援制度始まる
性犯罪再犯防止指導開始
性犯罪再犯防止指導拡大研究会(日本初)開催
2007 刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律施行
社会性涵養プログラム(詩の授業)開始
職業訓練種目16科目へ拡大
2008 少年法の改定
2008 「奈良少年刑務所」設立100周年
2011 東日本大震災
2013 局地的豪雨により天井が落下するなどの被害を受ける
2016 廃庁に伴い「保護者会」の廃止
2017 重要文化財に指定される
3月31日をもって廃庁
   
   
2019 史料館オープン(予定)
2020 東京オリンピック
2021 ホテルオープン(予定)

歴史コンテンツからの
おすすめトピック